体臭をきつくしてしまう生活習慣と食事

体臭をきつくしてしまう生活習慣と食事

体臭に悩みを持っているという人はいらっしゃると思いますが、大きな原因は生活習慣や食事にあります。
まず体臭は汗の臭いだと思っている人は多いですが、実際には少し違います。
汗は分泌された直後は無臭で臭いはありません。
しかし皮膚に付着している雑菌や古い角質と混ざることで独特の嫌な臭いを発生させるのです。
また不規則な生活が続くと汗の成分はアルカリ性に傾いてしまいます。
そうなると雑菌が繁殖しやすい状態になるのでより体臭がきつくなるのです。
さらに揚げ物などの脂っこい食事や肉などのタンパク質も食べ過ぎると体臭の原因になります。
脂分は皮脂分泌の原因になるので体臭を発生させやすくなり、タンパク質は汗の量を増加させる働きがあります。
体臭が気になるという人はまず規則正しい生活と食事を気をつけるだけでも改善に繋がるでしょう。
また身体を常に清潔にしておくというのも重要です。
汗をかいた際には濡れタオルで拭き取ったり、制汗シートやスプレーなどを活用して雑菌の繁殖を抑えましょう。
またお風呂に入る際には汗をかきやすい脇や足などはきちんと洗いましょう。
この時タワシでゴシゴシ洗うのではなく、手の平で丁寧に洗うのがおすすめです。
入浴後は肌も乾燥しやすく、放置してしまうと皮膚が水分がこれ以上蒸発しないように皮脂を分泌させる恐れがあるので化粧水や乳液などでしっかり保湿を行ってください。
小まめな気遣いをするだけでも体臭は十分軽減することが出来るので面倒だと思わずに根気強く行いましょう。